10代で髪が薄くなった時にやること3つ!【焦っちゃだめ】

10代で髪が薄くなることに悩んでいる人も割と多いのが事実です。

しかし、どう改善していったらいいのか情報が少ない年代でもあります。

そんな10代の薄毛悩みさんに10代で髪が薄くなった時にすべきことをお話ししていきます。

10代で髪が薄くなった原因

まず、10代の髪が薄くなる原因を知っておきましょう。

主に3つあります。

10代で髪が薄くなる原因

・遺伝
・頭皮環境の乱れ
・生活習慣の乱れ

遺伝だったらどうしようもないの?という疑問を持つ人もいるかもしれませんが、大丈夫です。
対処方法はります。

頭皮環境の乱れや生活習慣の乱れはもちろん改善する方法があります。

10代で髪が薄くなった時の対処法

薄毛に繋がるホルモンを抑制する

まず、遺伝で薄毛になるのは、男性ホルモンが多い家系の場合が多いというのを知っておきましょう。
そうすれば、男性ホルモンを抑制すると薄毛の進行が止まるというのがわかるかと思います。

その男性ホルモンを抑制するためには、育毛剤を使うのがコストもかからずに良いです。

男性ホルモンを作らせないようにする育毛剤は売っているのでそれを揉み込むようにして使うのが効果的です。

頭皮環境の乱れ

頭皮環境の乱れによって抜け毛が多かったり、髪の毛が弱々しい場合もあります。

その場合はまずシャンプーを見直しましょう。

シャンプーが合っていない可能性があります。

シャンプーは、アミノ酸系を使うと、人間の肌に刺激が最小限に抑えられてかつ洗浄力が高いものが多いのでおすすめです。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れというのは、睡眠不足や食生活の乱れです。

これが起こることによって、頭皮に十分な栄養が浸透していないということが考えられます。


ですので、まずはしっかり睡眠は取れているか?
ジャンクフード中心の生活になっていないか?

というところをしっかりと見極めるようにしましょう。

この生活習慣の乱れで薄毛になっている10代が意外に多いのが現状です。

生活習慣の改善が難しい!という場合は、頭皮環境の正常化、そして育毛剤を使ったケアをするのが一番簡単かもしれません。