増毛対策を阻むライフスタイルとは!?

現在に至るまでの間、増毛対策を少しもやってなかったわけではないです。

 

増毛対策をしてもハゲが進行

増毛剤は無論だし、スカルプシャンプーで頭皮の状況をよくするとかのをも行っているので、あと見直しできるとすれば生活の習慣くらいしかないというふうに思っていたりします。多忙な仕事により睡眠が削られて、その上ベッドの中で携帯電話でのゲームにより就寝が朝方になる時も。

大事な栄養がちゃんと体に吸収されないことで増毛対策があまり進まないんじゃ・・・と思い睡眠を長くとるようにやるようにしてみた。

予想外なことですがきちんと健康的に生きていれば、日々のストレスが軽減したのです!

逆に発毛対策にとって相応しくない日々だと、もっと抜け毛・ハゲが進みやすくなります。無理のないことから生活環境の手直しを始めていくべきというふうに思えるようになった。

ハゲと男性ホルモンとの結びつき

頻繁に’情欲が凄まじい人物は薄毛が多い’との情報を耳にします。

事実かどうかどうか率直なところ怪しさはあるのですが、性的な欲求が凄まじい人は男性独特のホルモンの内分泌が活発、その上その男性だけにあるホルモン自体には髪の毛の生育を阻害してしまうのだそうです。

男性ならではのホルモンの一つにはテストステロンと呼ばれているものが存在しそれは主には男性の徴表を作り出す機能があります。

そしてそのTHへとある還元酵素が結合し、強い男性ホルモンへ変換されて、これ自体が髪の薄さを悪化しているというわけです。男性ホルモンの対策だけではなくて食事面を見直すこと、頭の地肌マッサージといういつもの生活でもやれるケアも可能な範囲で組み込んでくことで薄毛対策に努めてみたのです。

長くしっかりとケアしていきたいと真剣に思ます。